札幌雪祭りのつどーむ会場の混雑は?駐車場情報とアクセス方法は?

公開日:  最終更新日:2016/11/11

3d7ccada5459927c6bf131ca3a9804c4_s
2月初旬がら2月中旬まで行われる「さっぽろ雪まつり」に子供と一緒に遊びに行きたいなと考えている方も多いのではないでしょうか。
札幌雪祭りの会場は、「大通会場」・「つどーむ会場」・「すすきの会場」の3つに分かれていますが、つどーむ会場の方では大きな雪の滑り台や、ラフティングボートをスノーモービルで引っ張り、雪原を滑走できるスノーラフトなど、子連れの方に人気の会場になっています。

そんなあなたも子供と一緒につどーむ会場に行って雪遊びを楽しみたいなと考えているかもしれませんが、つどーむ会場の混雑の様子や駐車場、アクセス方法など気になることがたくさんありますよね。

そこで今回は、札幌雪祭りのつどーむ会場の混雑状況と、駐車場情報会場までのアクセス方法についてお伝えします!

スポンサードリンク

札幌雪祭りのつどーむ会場の混雑は?

札幌雪祭りのつどーむ会場に行く時に気になることと言えば混雑状況ですよね。
子供はわくわくしているので待ち時間などはそんなに気にしていないかもしれませんが、一緒に行く親の気持ちとしては、混雑は出来るだけ避けて遊びに行きたいのが本音です。

つどーむ会場が混雑するのは基本的に土日祝日が混雑しやすくなっています。
(他の大通会場なども土日祝日が多い!)
お休みの人が多いですし、県外からツアーで来たり、家族旅行で来たりする人が集中しますので、どうしても混雑してしまいます。

つどーむ会場は9時~17時まで開催されますが、混雑しやすい時間帯としましては、11時~15時の時間帯ですね。
土日祝日の11時~15時の混雑ピーク時に行ってしまうと、大きい雪のすべり台の待ち時間が1時間待ちという事もありますので、土日祝日に行く時には、9時・10時の時間帯を狙って遊びに行くと、待ち時間が約20分くらいで滑ることができるのでおすすめです。
平日ならもっと人が少ないので、何回も滑ることができますよ。

つどーむ会場で雪遊びをする時には防水加工のスキーウェア手袋帽子などの防寒着や、雪で滑りにくいスノーシューズは必須です。
あとは寒さで凍えてしまわないようにカイロも持って行くと良いでしょう。

赤ちゃんがいる場合は、会場ではベビーカーを動かすのはハッキリ言って無理で邪魔になります。
スーツケースも同様ですが、ホテルやコインロッカーなどに預けた方が良いですよ。

大きな雪の滑り台は4歳からじゃないと滑ることができませんし、小学校高学年になってくると物足りないと思う場合もあります。
子供が行きたいと言っているのなら遊びに行ってもいいですが、そうでもないなら大通会場やすすきの会場に足を運んだ方が楽しむことができますよ。

ちなみにこちらでは大通会場やすすきの会場の混雑状況やおすすめの駐車場、行く時の服装や靴についてご紹介していますので、こちらも確認しておくといいでしょう。
札幌雪祭りの混雑は?駐車場でおすすめの所と行くの時の服装と靴は?

スポンサードリンク

札幌雪祭りのつどーむ会場の駐車場方法!

札幌雪祭りのつどーむ会場に行く時に車で行きたいなと考えている人もいるのではないでしょうか?
つどーむ会場には駐車場はありませんが、近くの栄町駅付近には駐車場が無いというわけではありませんので、おすすめの駐車場をご紹介します!

イオン札幌栄町店

料金:2時間無料、お買い物で3時間まで無料
駐車台数:約600台

札幌雪祭りつどーむ会場まで徒歩約13分の位置にある駐車場です。
約600台分の駐車場はありますが、実際に買い物に来るお客さんだけでも駐車場は埋まってしまいますので、朝早くから行かないと空いていない事も十分考えられますので注意しましょう。

プレイランドハッピー栄町店

料金:無料
駐車台数:347台

札幌雪祭りつどーむ会場まで徒歩約13分の位置にある駐車場です。
パチンコ店の駐車場ですが、こちらもパチンコに来るお客さんだけでも駐車場が結構埋まってしまいますので、朝早くから行かないと空いていない事も十分考えられますので注意しましょう

会場付近に駐車場が全くないというわけではありませんが、雪祭りに行く時の駐車場としてはあまり適切ではありません。
会場付近では通行規制も行われていますし、実際に紹介したお店に買い物をしに行く人もいるわけですから、迷惑も掛かります。
ヘタすると駐車場が全部埋まっていて会場に行くことさえもできないという事も予想できますので、車で行くことは避けた方が良いでしょう。

札幌雪祭りのつどーむ会場までのアクセス方法!

車で行くのは避けた方が良いと言いましたが、じゃあどうやって会場まで行けばいいの?と悩んでいる人もいるかと思います。

そこで札幌雪祭りのつどーむ会場までのおすすめのアクセス方法をご紹介します!

電車の場合「大通会場~つどーむ会場」
○地下鉄東豊線「大通駅」電車で14分 運賃290円

○地下鉄東豊線終点「栄町駅」

○地下鉄東豊線「栄町駅」からシャトルバスに乗車、もしくは徒歩で約12分

○つどーむ会場

栄町駅からは無料のシャトルバスが出ていますので、誰でも利用することができますが混雑が予想されます。
歩くとしても意外と距離がありますし、雪があると歩きにくいので大変です。

なので中央バスの雪祭りシャトルバスを利用することを1番おすすめします。
北海道中央バス公式HP
※公式サイトのサイト内検索で「札幌雪祭り シャトルバス」と検索すると運行状況がわかります。

大通公園から直接つどーむ会場まで行くことができますし、1日乗車券を利用すれば何度も利用することができます。

詳しいシャトルバス情報は公式サイトを見てもらうとわかりやすいのでチェックしてみましょう。

まとめ

今回は、札幌雪祭りのつどーむ会場の混雑状況と、駐車場情報、会場までのアクセス方法についてお伝えしました!

土日祝日は混雑が見込まれますので、つどーむ会場に行く時は午前中を狙っていきましょう!

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑