蔵王温泉スキー場の混雑は?レンタルでおすすめの所と積雪状況は?

公開日:  最終更新日:2016/12/09

643234898c29087295b884929e49664e_s
寒さも厳しくなってきてウィンタースポーツや雪遊びが楽しみな季節になってきましたね。
連休を利用して樹氷でも有名な蔵王温泉スキー場に遊びに行こうと計画を立てているのではないでしょうか。
しかし、スキー場の混雑やレンタルでおすすめの所、積雪状況などがわからないので前もって知っておきたいなと思いますよね。

そこで今回は、蔵王温泉スキー場の混雑と、レンタルでおすすめのお店ゲレンデの積雪状況についてお伝えします!

スポンサードリンク

蔵王温泉スキー場の混雑は?

実際に蔵王温泉スキー場に行こうとすると気になるのが混雑状況ですよね。
リフトの待ち時間やレストランの混雑などはどのようになっているのでしょうか?

まずは蔵王温泉スキー場が混雑する時期としましては、1月・2月の土日年末年始が最も混雑しやすくなっています。
お休みの人が多く、連休を利用して宿泊して楽しむ人もいますので混雑しやすいですね。
混雑する時間帯としましては11時~15時の時間帯が最も人が多くなります。

リフトの混雑としましては41本のゴンドラやリフトがあり、コースの数も多いのでそこまで目立った待ち時間などはありません。
しかし、樹氷を見るために来る観光客もいますので、山頂までつながっている「蔵王ロープウェイ山頂線」が少し混みやすくなっています。
その他のリフト・ゴンドラはあまり影響はありませんので、スムーズに利用することができますよ。

ちなみにこちらでは蔵王温泉スキー場のリフト券の割引クーポン情報をご紹介していますので、行く前にチェックして格安に利用しましょう!
蔵王温泉スキー場のリフト券の割引クーポンを手に入れる4つの方法!

レストランの方は各ゲレンデに点在していますが、お昼頃になるとやはり混雑してきます。
できれば時間帯を少しずらして早めに食べるなどの対策をしておくといいでしょう。

駐車場の方はエリアが広いという事もあり各所に分散されています。
目立った混雑はないですが、到着するのが遅れてしまうとゲレンデまで距離がある場所しか空いていないこともありますので、混雑し始める11時よりも前には到着しておくことをおすすめします。

滑った後のゲレンデの下の方は各コースから滑ってきた人たちが集まる場所でもありますので、人が多く混雑しています。
上手くかわし切れずぶつかってしまう恐れもありますので、滑った後は注意しましょう。

スポンサードリンク

蔵王温泉スキー場のレンタルでおすすめは?

蔵王温泉スキー場に行く時はスキー用品をレンタルで済ませようと考えている人も多いと思いますが、公式サイトを調べてみるとたくさんのレンタルショップがあるので、どこからレンタルしたらいいのかわからなくなっていませんか?
おすすめのレンタルショップを厳選してきましたので行く前にチェックしておきましょう!

ベストレンタルプロショップ

蔵王スカイケーブルの「上ノ台駅」の近くにあるレンタルショップで、スキー用品はこだわった物を利用したい中上級者向けのレンタルショップになっています。
熟練した技術者が行うチューンナップメニューもありますし、毎年新しくボードなどを仕入れていますので、鋭い滑り心地も体感することができますよ。
ゴーグルや手袋などの小物類のレンタルもありますし、HPにはお店の人に見せると料金が割引されるクーポンもありますのでおすすめです。

レストハウスカスカワスポーツ

蔵王ロープウェイ山麗線の「蔵王山麗駅」、蔵王中央ロープウェイの「温泉駅」の近くにあるレンタルショップで、2Fには飲食店もあるお店になります。
駐車場が無いので、周辺の駐車場を利用しないといけませんが、山頂までつながる蔵王山麗駅までかなり近いのでアクセスには便利ですよ。
上のベストレンタルのような、こだわったスキー用品などはあまりありませんが、ウェアや小物類などもレンタルすることができますのでおすすめです。

蔵王温泉スキー場の積雪状況は?

蔵王温泉スキー場に行く時にもう一つ気になることといえば積雪状況ですよね。
スキー場に行っても雪が無かったらコースが少なくなりますし、雪質の方もあまり良くないのですべり心地も悪くなってしまいます。

過去の情報として、蔵王温泉に近い山形市の積雪情報を気象庁の過去5年データを確認してまとめましたので見てみましょう。
[山形市の降雪・積雪情報]

降雪合計 最深積雪
11月 0㎝ 0㎝
12月 76㎝ 27㎝
1月 117㎝ 46㎝
2月 90㎝ 66㎝
3月 63㎝ 39㎝
4月 2㎝ 2㎝

山形市は標高200mの位置なので、そこまで雪が降りませんが、蔵王温泉スキー場がある場所は780m~1,661mの位置にあるので、このデータ以上に降雪・積雪があると予想できます。

天気はその時にならないとわかりませんが、12月後半頃から本格的に雪が降り始め2月頃までは雪質が良い状態で楽しむことができるでしょう。
しかし、3月頃になってくると降雪量が減ってきてしまいますので、日中に雪が溶けてしまい雪質がシャーベット状の硬い雪質になってしまいます。
4月になっても春スキーを楽しむことができるかもしれませんが、雪質にはあまり期待しない方が良いでしょう。

過去の積雪情報はわかったけど、できれば今ゲレンデの様子を確認したいという人もいることでしょう。
ゲレンデの積雪の様子は公式サイトにあるライブカメラ映像で確認することができますが、ハッキリ言ってゲレンデの状況がわかりにくいですよね。
そんな時におすすめするのがツイッターを確認するという方法です。

「蔵王温泉観光協会」というツイッターアカウントでは、毎日ではないですがスキー場の天候や雪の状況などをツイートしているのでそれを見て積雪状況を確認することができます。
また、積雪情報以外にもイベント情報やリフト券がお得になるキャンペーンなどもツイッターで紹介していますのでチェックしてみましょう。

他に「蔵王温泉スキー場」とツイッターで検索すると、実際に行ってきた人たちがスキー場の様子を伝えていたり、写真付きでツイートしていることがありますので、そこでも積雪状況を確認することができますよ。

まとめ

今回は、蔵王温泉スキー場の混雑と、レンタルでおすすめのお店、ゲレンデの積雪状況についてお伝えしました!

山頂の樹氷を見に行く人たちと被らなければ混雑に巻き込まれず、快適に利用することができますので、思いっきり楽しんで来て下さいね!

ちなみにこちらでは蔵王温泉スキー場に行く時の宿泊でおすすめの所と、初心者でも滑ることができるコース、車で行く時の注意点などもご紹介していますので、こちらも行く前に確認しておきましょう!
蔵王温泉スキー場宿泊でおすすめは?初心者コースや車での注意点も紹介!

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Comment

  1. […] すめのお店をご紹介していますし、混雑状況や積雪情報も解説していますのでこちらもチェックしておきましょう! 蔵王温泉スキー場の混雑は?レンタルでおすすめの所と積雪状況は? […]

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑