秋川渓谷の紅葉の具体的な見頃は?紅葉の見所と行く時の服装は?

公開日:  最終更新日:2016/08/24

秋川渓谷に紅葉を見に行きたいけど、具体的な見頃や見どころとなるスポット、行く時の服装など、良くわからないことがありますよね。

そこで今回は、秋川渓谷の具体的な見頃と、紅葉の見所となるスポット行く時の服装についてお伝えします!

スポンサードリンク

秋川渓谷の紅葉の見頃は?

せっかく秋川渓谷まで紅葉を見に行くのなら、一番綺麗な時に見に行きたいですよね。紅葉の見ごろは一体いつの時期に見頃を迎えるのでしょうか?

秋川渓谷の紅葉は11月上旬頃から色付き始め、11月中旬~12月上旬まで紅葉を楽しむことができます。しかし、紅葉の色の付き方は気温によって左右されますので毎年見頃を迎える日が違ってきます。地元の人でも具体的な日にちでいつ頃が見頃だよと予想するのが難しいです。なので具体的な見頃を知りたい場合は、養老渓谷の周辺にある「あきる野キャンプ場麦の郷」のライブカメラを確認してみましょう!紅葉の様子をある程度確認することができます。
あきる野キャンプ麦の郷ライブカメラ

秋川渓谷の紅葉の見所は?

実際に秋川渓谷に紅葉を見に行こうするなら、紅葉の見所をあらかじめ押さえておきたいですよね。秋川渓谷に来たのなら1度は見に行きたい紅葉の見所をご紹介します!

石舟橋
秋川渓谷の中でも1番の人気スポットでもある場所が石舟橋です。ここが東京!?と思ってしまうような大自然の中に吊り橋がかかっていて、ゆったりとしたカーブを描く橋の姿が紅葉の景色とマッチしていて、絶好の撮影スポットでもあります。96mの長さのある橋の上から眺める渓谷の様子も絶景です。

西青木平橋
秋川渓谷で1番奥の方に橋で、橋の下流側にある階段で渓谷へ降りることもできます。渓谷に降りてから撮影しても綺麗ですし、橋の上からでも紅葉の様子をきれいに見ることができます。

佳月橋
秋川渓谷の中間あたりにある橋で、上流側には五日市のシンボルでもある白山を眺めることもできます。ここは川が曲がりくねっていないのでずっと奥の方まで見渡すことができますし、川の両側には綺麗な紅葉に囲まれていますので絶好の撮影スポットになっています。

おすすめポイントで紅葉を見た後の行動はどうしようか決まっていますか?こちらでは秋川渓谷で子連れでも安心な宿泊場所と食事場所、観光スポットをご紹介していますので、行く前に確認してプランを立てておきましょう。
秋川渓谷の宿泊で子連れでも安心な場所は?食事場所と周辺観光スポットも紹介!

スポンサードリンク

秋川渓谷に行く時の服装は?

秋川渓谷の紅葉を見に行く時には服装もどうしたらいいのかよくわからないですよね?

秋川渓谷の紅葉の見ごろは上でも紹介しました通り、11月中旬~12月上旬までとなっていますので、お昼頃でも肌寒く感じる季節でもあります。寒さ対策はしっかりと行うようにしましょう。しかし、歩くことが多いですので汗をかくこともあります。綿素材のインナーだとなかなか乾かず体が冷えてしまいますので、乾きやすいポリエステル系の素材を使ったインナーを着用するようにしましょう。上着は乾きやすく、軽くて風も通さないウィンドブレイカーのような物がおすすめです。

靴は不安定な道を歩くこともあるのでトレッキングシューズを履いてくるのが一番いいのですが、新しく購入しようとすると高いので、その場合は普通のスニーカーでも大丈夫です。しかし、雨が降った後などはスニーカーだと滑りやすいので注意しましょう。
フェニックスオンライン ストア【phenix Kappa inhabitant】公式通販サイト
最近はここ↑のようなウェアや靴などオシャレなブランドが多いので、様々なスポーツやアウトドアで使えるようになっています。紅葉を見に行く時のファッションも少し意識してみましょう!

まとめ

今回は、秋川渓谷の具体的な見頃と、紅葉の見所となるスポット、行く時の服装についてお伝えしました!

東京にいることを忘れてしまうくらいの大自然の中で紅葉巡りを楽しんで来て下さいね!こちらでは秋川渓谷が混雑する時間帯や駐車場情報、日帰り温泉など行く前に見ておくと役に立つ情報をご紹介していますので確認してみましょう!
秋川渓谷が混雑する時期や時間帯は?駐車場とおすすめの日帰り温泉情報!

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑