ハウステンボス九州一花火大会のチケット情報と見える場所、場所取りはいつから?

公開日: 

ハウステンボスで行われる九州一花火大会は西日本でも最大級の花火大会と言われていますので、1度でいいから見に行きたい!という人も多いのではないでしょうか?しかし、花火を見る時の有料席でどこの場所のチケットを取ろうか迷っていたり、観覧席ではない場所で見たいと思っていたり、場所取りはいつからすればいいのかわからないと思っていませんか?

そこで今回は、ハウステンボス九州一花火大会のチケット情報とおすすめの席花火が綺麗に見える場所と、場所取りはいつからすればいいのかということについてお伝えします!

スポンサードリンク

ハウステンボス九州一花火大会のチケットはどこの席が良い?

ハウステンボスの九州一花火大会は日本代表と海外代表の花火師が世界一を決める花火大会でもありますので、色んな種類の花火を見ることができますし、エンディングは5分間で約4000発を打ち上げ、幅1㎞にわたる大スターマインの大迫力を感じることができる花火大会です。なので有料席のチケットを取ってでも花火を見たいという人が多くいらっしゃいます。そのため席の種類もたくさんあるのですが、一体どの席を購入するといいのでしょうか?まずは1つ1つの席の特徴を確認していきましょう。

[ロッテルダム有料観覧席]
ロッテルダム有料席
マス席 弁当+お茶付(1マス最大4名まで)
前売料金:7万8,000円
当日料金:8万円

ビーチベッドに寝そべりながら花火を楽しむことができる席なっています。ミニテーブルも付いていますので、荷物置き代わりにも使えます。隣の人を気にしないで花火を楽しむことができますよ。

マス席ペア 弁当+お茶付(1マス最大2名まで)
前売料金:6万8,000円
当日料金:7万円

こちらはマス席のペアシートになります。席の内容は上と同じです。

SSエリア席
前売料金:1万円
当日料金:1万円

ロッテルダムエリアで一番最前列で花火をみることができます。ガーデンチェアですので、ゆっくりしながら花火を見ることができます。前後のスペースも少し広め。

Sエリア席
前売料金:6,000円
当日料金:7,000円

SSエリア席の後ろの席になりますが十分に花火を楽しむことができます。前後の間隔はSSエリア席よりも少し狭いですが十分な広さがありますよ。

Aエリア席
前売料金:3,500円
当日料金:4,000円

このあたりの席になってくると前後の間隔は狭くなってきますが、料金が安いですのでおすすめ。椅子の方もガーデンチェアからパイプ椅子になるかどうか微妙な席。

Bエリア席
前売料金:2,500円
当日料金:3,000円

パイプ椅子の確率が高いのでお尻が痛くならないように対策が必要。でも、安いし十分きれいな花火を見ることが可能。

Cエリア席
前売料金:1,500円
当日料金:2,000円

一番最後方の席になりますが、料金が安くて十分きれいな花火を見ることができるのでおすすめ。しかし、低い花火が見えにくく、席のスペースも狭いのが難点。パイプ椅子の確率が高いです。

カメラ専用席
前売料金:6,000円
当日料金:7,000円

一番後ろの席ですが十分きれいな花火を撮影することが可能。ウォーターマークのカメラ席よりも安いのも魅力。

 

[ウォーターマークホテル(WMH)前有料観覧席]
ウォーターマーク有料席
VIP席 ソファ席、お弁当・ドリンク・お土産付
前売料金:6万円
当日料金:6万円

ウォーターマークホテル入口の少し高くなっている所にある席で、人の頭で花火が見えないということも無く、ソファで腰も痛くならずに花火を贅沢に見ることができる席です。数がかなり少ないですのでお早めに。

プレミアムS1席
前売料金:1万円
当日料金:1万円

ウォーターマークホテル最前列で花火を見ることができます。目の前はすぐに海ですので高さの低い花火でも綺麗に見ることが可能です。前後のスペースが狭いのが難点だが、一番前の席だとスペースが広く、ロケーションも最高。

プレミアムS2席
前売料金:7,000円
当日料金:7,500円

プレミアムS1席の後ろに設置される席ですので、前の人の頭で低い花火を見ることが難しいです。前後のスペースが狭いが、通路側の席の場合だと少し広い。

SR1席
前売料金:7,500円
当日料金:8,000円

レッドロブスターというお店の近くにある最前列の席です。前方に堤防のようなものがあるので少し花火が見ずらいかもしれませんが、十分花火を楽しむことができます。

SR2席
前売料金:7,000円
当日料金:7,500円

SR1席の後ろの席になりますので前の人の頭で低い花火が見えにくいかもしれませんが十分楽しむことが可能です。

アリーナ席
前売料金:6,500円
当日料金:7,000円

後ろの方でなので少し花火が見ずらい席になります。これという特徴はありませんが、他と比べると料金が安いです。

A席自由席
前売料金:4,000円
当日料金:4,500円

料金が安いのが魅力的で、早くから場所取りをすれば前列で花火を見ることも可能です。早く行って場所取りをしておくことをおすすめします。

カメラ専用席
前売料金:6,500円
当日料金:7,000円

一番後ろの場所になりますが、ウォーターマークホテル入り口付近は階段状になっていて、一番上から撮影することが可能です。雨の場合はパラソルが用意されます。

※公式サイトには無い席は売り切れです。購入ページに行くと上の通り席の種類があります。
※4歳以上は有料で、4歳未満は席が必要な場合有料となります(ひざ上観賞無料)

金銭的に余裕があるのなら前列のSが付く席が人気です。マス席やVIP席は数が少ないですのですぐに売り切れてしまいますので、チケット販売日を確認しておきましょう。

スポンサードリンク

ハウステンボスの花火が見える場所とは?

残念ながらチケットを取ることができなかったという人や、お金がもったいないから花火が見える場所を探しているという人もいることでしょう。そこで有料席以外の場所で花火を見ることができるおすすめスポットをご紹介します!

ハーバータウンのウッドデッキ

ここはウッドデッキになっていますのでレジャーシートを持ってきて場所取りしている人を多く見かけることができます。海に近い場所を取っても良いですし、階段状になっている所がありますので、そこに座って楽しむことができます。近くにはアイスなどを売っているお店もありますので、始まる前に立ち寄って食べながら待っておくといいでしょう。

アステルダムシティの船着き場が見える場所

ここはスペースがそんなに広くありませんが近くから花火を見ることができるスポットとなっています。おそらくシートを敷いてというのは難しいですが、迫力ある花火を見ることができますよ。

ハウステンボスの花火の場所取りはいつからするべき?

花火の穴場スポットがわかったところで一体いつから場所取りを行えばいいのと思っていませんか?

花火大会当日はいつもよりも多くの人が訪れますので混雑が予想されます。なので昼過ぎの14時までには園内に入っておくことをおすすめします。これ以上遅くなると駐車場もかなり遠くの場所になってしまったりするので帰りが大変になってしまいます。無料の場所を取るのなら基本的に1時間前までにしておけば問題なく場所取りすることができることでしょう。無料スポットであるハーバータウンはかなり広いですのでおすすめです。シートを持ってきて場所取りをしてもいいみたいですのでレジャーシートなどを持って行くようにしましょう。

まとめ

今回は、ハウステンボス九州一花火大会のチケット情報とおすすめの席、花火が綺麗に見える場所と、場所取りはいつからすればいいのかということについてお伝えしました!

自分に合った方法で花火を楽しみましょう!

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑