土浦花火大会の駐車場の混雑と場所取りの時間は?桟敷席での持ち物は?

公開日: 

茨城県土浦市で毎年行われる土浦全国花火競技大会に行きたいなと思っていませんか?車で行くとなると駐車場の混雑や料金、おすすめの場所など気になりますし、場所取りの時間や桟敷席などに持って行く物も気になりますよね。

そこで今回は、土浦花火大会の駐車場の混雑場所取りの時間桟敷席での持ち物についてお伝えします!

スポンサードリンク

土浦花火大会の駐車場の混雑は?

土浦花火大会に車で行くのなら気になるのが駐車場ですよね。花火大会当日は多くの人が訪れますので駐車場は大混雑し早い時間帯で満車になってしまいます。周辺の道路も交通規制がされていますので渋滞が起きています。渋滞を避けたいのであれば交通規制が始まる前、お昼頃までには市内に入っておいた方が良いでしょう。遅くても15時までには市内についておかないと一般向けの駐車場は無くなってしまいますし、渋滞もひどいのでどうしようもできなくなってしまいます。

駐車場の場所はこちらで詳しく紹介されていますのでご確認ください。
土浦全国花火競技大会交通規制図

この他にも付近の住民の方が空き地を利用して民間有料駐車場があります。料金はその場所によって違いますので、どうなるのかわかりませんが1日1000~2000円程度のところがほとんどです。基本的に予約はできないので早い者勝ちとなります。茨城放送(IBS AMラジオ1458KHz)では午後1時~6時の間、交通情報や駐車場空き情報などを放送していますので、ラジオで情報収集しながら駐車場を探すと良いですよ。

行きは駐車場が開場された瞬間に入れば問題なく停めることができますが、問題は花火大会終了後です。みんな一斉に帰り出しますので付近の道路は大渋滞。駐車場から出ようにも1~2時間はかかりますので覚悟しておいた方が良いでしょう。

駐車場に車を停めるのなら上で紹介した駐車場よりも、土浦駅の手前の駅のコインパーキングに駐車して土浦まで電車で行くことをおすすめします。土浦駅からはシャトルバスも出ていますので行きは会場までシャトルバスを利用し、帰りは駅まで歩いたほうが早いですので、歩けるような格好で行くようにしましょう。

スポンサードリンク

土浦花火大会の場所取りをするべき時間は?

花火をきれいな場所で見るには場所取りが必要ですが、場所取りは一体いつからするべきなのでしょうか?

花火の打ち上げ会場の桟敷席の周りには一般観覧席がありますが、前日のお昼頃から場所取りをしてもいいということになっていますので地域住民の方は前日から場所取りを行っています。遠方から来る人にしてみればいくらなんでも前日から場所取りは無理ですよね。それでも祭り当日の昼ごろに行けば会場近くの場所は空いていますし、最悪15時頃についても河川敷に2人分くらいのスペースは空いています。なので遅くても15時頃までに場所取りをしておくようにしましょう。

こちらでは土浦花火大会が見える場所と屋台情報、穴場でコスパの良い宿泊場所をご紹介していますのでこちらもチェックしておきましょう!
土浦花火大会が見える場所と屋台情報!宿泊場所のおすすめと穴場も紹介!

土浦花火大会の桟敷席に行く時の持ち物は?

桟敷席、いわゆる有料観覧席ですが、そこで花火を見る時にどんな持ち物を持って行くと便利なのでしょうか?

☆桟敷席に行く時の持ち物☆

座布団などのクッション
デコボコしているのでずっと座っているとお尻が痛くなります。座布団やクッションを持って行きましょう。簡易イスなどは他の方に迷惑がかかるので桟敷席では禁止されています。

飲み物、お菓子
近くに屋台などがありますが、割高ですし人も多くて混雑しています。あらかじめ準備しておくといいでしょう。

ひざ掛け
夜になると肌寒くなりますので、寒さ対策をしておきましょう。

上着
これも同じく寒さ対策として準備しましょう。

傘、カッパ
突然の雨に対応できるように準備しておきましょう。

大きめのゴミ袋
雨が降ってきた時は荷物を全部袋に入れてしまえば濡れずに済みます。

懐中電灯
花火大会終了後に帰るとき、道が暗いですので足元を照らせる懐中電灯があると安心です。

携帯ラジオ
花火を待っている間は暇になりますので、ラジオがあると暇つぶしになります。茨城放送(IBS AMラジオ1458KHz)では花火大会の情報を当日はお伝えしていますのでおすすめです。

桟敷席にはレジャーシートが敷いてあるのでレジャーシートは不要です。一般観覧席から見る方は持って行くようにしましょう。花火のパンフレットがある方はそれも持って行くとより花火を楽しむことができますよ。

まとめ

今回は、土浦花火大会の駐車場の混雑等と場所取りの時間、桟敷席での持ち物についてお伝えしました!

早く来て会場付近に駐車するのもいいですが帰りが大混雑しますので頃合いを見て早めに切り上げるとスムーズに帰宅できるでしょう。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑