八甲田山の紅葉の見頃は?周辺の観光と温泉に日帰りでも入れる場所は?

公開日: 

涼しくなってきて街の木々は少しずつ色付き始めて来る時期でもありますが、青森県の紅葉スポットである八甲田山へ紅葉を見に行きたいと考えていませんか?しかし、いつが見頃なのか、観光地や温泉などの周辺情報も気になりますよね。

そこで今回は、八甲田山の紅葉の見頃と、周辺の観光温泉に日帰りでも入れる場所をお伝えします!

スポンサードリンク

八甲田山の紅葉の見頃は?

東北地方の中でもトップクラスの紅葉スポットと言われている八甲田山ですが、その見頃は一体いつなのでしょうか?

八甲田山の紅葉の見頃は9月下旬~10月下旬までが見頃とされています。とはいっても昼夜の寒暖差が激しく、最低気温8℃以下の日が続かないと色が付き始めませんので、本格的な見ごろは10月上旬あたりになるでしょう。毎年色付き始める日にちが違いますので地元の方でも予想がつきにくいと言われています。なので、行く前には酸ケ湯のライブカメラで確認したり、八甲田ロープウェイに電話やHPで確認したりすると絶好の見頃の時期に行くことができますよ。

八甲田山の周辺の観光スポットは?

八甲田山の紅葉を見た後は周辺にある観光スポットに行ってみたいですよね。一体どのような観光地があるのでしょうか?

蔦沼
早朝の紅葉が有名なところで、蔦温泉に大きな駐車場があり、そこから20分ほど歩くと見ることができます。晴れて風の無い日に行くと蔦沼の水面に映るとても綺麗な紅葉を楽しむことができます。さらに朝日に照らされた紅葉は絶景です。見頃の時期には多くの人が訪れますので、八甲田山の紅葉を見るのならこちらも押さえておきたいものです。

青森市文化観光交流施設 ねぶたの家 ワ・ラッセ
青森県と言えばねぶた祭りが有名ですよね。ここには賞を獲ったねぶたが多数展示されており、祭りの時期でなくてもねぶたを間近で見ることができます。イベントを多くやっていて、太鼓体験やオリジナルのねぶたを作ることができるコーナーなどがあるので十分楽しむことができますよ。

三内丸山遺跡
三内丸山遺跡は日本最大級の縄文集落跡地で、発掘調査で出た出土品や村の様子などを見学することができます。ボランティアのお年寄りが無料でガイドもしてくれますので詳しい説明も気軽に聞くことが可能です。ここのちょっと驚くところが入場料、駐車場代を取っていないんです!ものづくり体験は有料なのですが、広大な敷地にある遺跡にも関わらず無料で楽しめますのでおすすめです。

スポンサードリンク

八甲田山付近で温泉に日帰りでも入れる場所は?

紅葉を見た後はゆっくり温泉にでも入って疲れを癒したいですよね。日帰りでも入浴できる温泉は周辺にあるのでしょうか?

国民保養温泉地 酸ヶ湯温泉旅館
ここは酸ヶ湯温泉と言って、混浴の温泉にも入ることができるようになっています。混浴である「ヒバ千人風呂」か男女分けられている「玉の湯」を利用することが可能です。残念ながら露天風呂はついていませんので外の景色を楽しむことができませんが、広いお風呂でゆっくり体を休めることができますよ。

ぬぐだまりの里 秘湯 八甲田温泉
ぬぐだまりの里八甲田温泉は「秘湯」と呼ばれるのにふさわしい大自然の中にある温泉です。ここには露天風呂があり、外を見ると山の様子を見ることができますので綺麗な紅葉を見ながら温泉に入ることができますよ。ここの温泉には特徴がありまして、ラムネ湯という入るとプチプチとした泡が肌についてきます。お肌のキメを整えてくれる効果がありますので女性の方に人気ですので、行ってみたら必ず入ってみましょう!

まとめ

今回は、八甲田山の紅葉の見頃と、周辺の観光、温泉に日帰りでも入れる場所をお伝えしました!

八甲田山の紅葉を見ると幻想に包まれるような感動を味わうことができますので、紅葉の状況をしっかりと見定めてから行くようにしましょう!

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑